mQ'22 -「幅広い問題」「ボード」による新クイズイベント-

 

【対面】2022年12月11日(日) かつしかシンフォニーヒルズ(青砥)

【オンライン】2022年12月17日(土) Discord(音声)他

【みんはや】11月中(オンラインのあと)
☆希望者多数の場合は、別日程で開催の可能性あり

 

大会に関する長めの文章は、 「橙武者クイズ文章置き場」 で発表しております。

 

「なぜこの形でやるか」などについて、1回2000字以下で記載しております。

「長めの文章に抵抗がない方」「クイズに関する文章を読むのが好きな方」はそちらも御覧ください。

 

大会参加に必要な情報については、現在ご覧頂いている公式サイトに全て記載しております。

 

☆兄弟大会の「神野芳治ひとりmono-series'22」もよろしくお願いします!

 

問題


・少人数では作れない、「幅広い」問題群を、「多人数」かつ「さまざまなクイズ経験・属性」で作ります。

  

・クイズにおける知名度ではなく、「その業界にいる人であれば大半の人がわかる」ものを出題します。

 

・その上で、極力「まだあまりクイズでは知られていない」問題を出す予定です。

 

 

 

☆「funny(聞いていて笑ってしまう)」「インパクトのある一問」より、「interesting(興味深い)」「一問一問というより、『問題群』として楽しめる」ものを用意する予定です。

形式


・全て「ボードクイズ」で行います。

 

・着席して解答「正解+1、誤答±0」ですが、自信ある問題は起立して解答「正解+2、誤答-2」です。

 

・少数正解は「殿堂」入りとして、上記得点とは別に+1がボーナスとして入ります。

 

 ・また、「みんはや」を使用したラウンドも、本大会とは別枠で実施します。

 

 

  

☆「ボード」というシンプルな形式と、「イベントならでは」のお祭り感を両立させる演出を検討しています。

 

新しい試み(案)


・「ボード」だけでの開催により、「さまざまな実力層の人が」「最初から最後まで」「同じ数だけ」クイズを楽しめます。

 

・「幅広い」問題群を集めるため、「多くの」「幅広い経験・属性」の方から、「少しずつ」「自分がよく知っている分野の」問題を集めます。

 

・「幅広い」問題を出していただく参考として、すでに提出された問題の小ジャンルをリアルタイムで表示します。


・「既存のクイズによる先入観」を無くすため、各小ジャンルごとに「提出者の優先度」「提出時間」をベースに、当日出題するかどうかを判断します。

 

・集まった問題は基本「全問採用」とし、当日出せなくても「みんなで早押しクイズ」にて後日使用します。

  

・事前に録音した音声を活用し、労力の削減、再放送への敷居低下を図ります。



mQの「m」とは?


・「mosaic」さまざまな人の知識・個性がモザイク状となり

・「mix」 さまざまな人がまじりあい

・「matrix」クイズのスタンス・経験、属性などがマトリクスのように幅広く網羅され

・「my」 各出題者が「クイズ以外で自分の触れている世界」から出題し 

・「みんなの」 一つの「全員による問題群」としてまとめ

・「みんはや」 「みんはや」も活用し

・「mono-series」 mono-seriesの狙い・ノウハウを継承し

・「モノシリ」 新たな形のモノシリを競い合い

・「more」 もっと多くの人が、もっとクイズを楽しめるように